WEBサイトでwordpressを使う理由

Tags:

私が手掛けるここ最近のWEBサイト制作は
ほぼwordpressベースで構築しています。

wordpressは、ブログと同じように
簡単な操作で記事を追加したり削除したりでき、
記事や写真(コンテンツ)をデータベースに
ストックしておくことができる
コンテンツマネジメントシステム(CMS)の一つです。

日本では、500万強のWEBサイトが
wordpressベースだ、と言われています。

今までは、WEBサイトは、作ったら
それで終わりでした。

そこから更新する情報も
「インフォメーション」の数行をたまーに…
昔はそれで良かったのです。

検索エンジンで上位にあげたい場合は、
検索してほしい「キーワード」を
やみくもに設定したり、
リンク先が多かったりするだけで
上位にあがっていました。
(なのでリンク集というページが昔はよくあったのです)

今は検索エンジンのロボットの発展により、
内容全体のつじつまがあっていないと
順位が落ちてしまうようになりました。

つまり、タイトルに「簡単ごはん」
と入っていたら簡単なごはんの調理法を
まじめに書いているブログじゃないと
上位に上がらないのです。

当たり前?

そうでもないです。
昔は、キーワードに「簡単、ごはん」
だけ入れて中身はリンクばっかり、
リンクを辿って行っても広告ばっかり
なんてサイトも良くあったわけです。

検索エンジンロボットもどんどん賢くなっているので、
そんな悪質なサイトはすぐ見極めて順位を落とします。

そこで必要になったのが、
「検索で見つけてもらうために、頻繁にキーワードを入れた
記事を更新する(記事を増やす)」
ということ。

キーワードを入れた記事、は質が高いのです。
それも、もちろん文章として成り立っていないと
ダメですよ。

それも頻度を高めに。
生きているサイトを作らなければならなくなりました。

検索している方は自分の求めている情報が確実に
届くようになるので、助かりますよね。

そして、まじめにいいものを伝えようとしている
サイトも浮かばれるわけです。

とてもいいシステムになってきてるのです。

そしてまじめにいいものを伝えるためには
制作会社にお金を払ってちょこちょこと修正していたら
キリが無いですし、リアルタイムで情報が伝わりません。
そこで、このようなCMSを使って、
お客様ご自身が頻繁にコンテンツを更新できるように
wordpressベースをおすすめしているのです。

次回は更新ポイントを少しずつお伝えしていきます。

続く。。。